ブライダルスタッフブログ

2017.12.03【その他】

有頂天家族2
下鴨神社と京都が舞台の人気アニメ
その登場キャラクターのカワイイ狸が神社の境内にいます。
なんと、そこは舞殿の中央でした。

DSC07710.JPG

DSC07709.JPG
DSC07766.JPG





2017.11.25【婚礼について】

笄(こうがい)と角かくし
 白無垢、綿帽子で清楚なお姿で挙式される方が多いのですが、
笄(こうがいと読みます。婚礼用のかんざしです)と角かくしの場合は
皆さまにお顔が見ていただけて、華やかな印象のお仕度となります。
色打ち掛けと様々なデザインの笄(こうがい)で豪華さはさらに増します。

     シンプルな笄 挙式用に花、鶴や松のモチーフの笄をお使いいたします。
DSC07687.JPGのサムネール画像

     パールと装飾的な花、ラウンドタイプの櫛、前ざしはびらかんです。

DSC07684.JPG    七宝焼きの桜を黒金ベースの塗りの櫛にあしらいカワイイ感じです。

DSC07692.JPG
  DSC07682.JPG




2017.11.08【婚礼について】

ヘアースタイルと飾り
IMG_3892.JPG

    IMG_3894.JPG
IMG_3862.JPG
IMG_3861.JPG

2017.11.07【ブライダルエステティックについて】

つや肌と個性的な目元メイク
今年は、ファンデーションの粒子にオイルがプラスされて、つや肌ブーム。
ブライダルでも、洋装はつやを加えてみずみずしいお肌になるようにベースから工夫しています。
基本はお肌のお手入れから。 挙式前にエステで本物のつや肌にしませんか。


IMG_3891 (1).JPG
IMG_3878.JPG
IMG_3873.JPG





2017.11.06【婚礼について】

和ドレスのウエディング
洋装のウエディングドレスに和装着物を特別な着付け方法で
和柄ドレスとしてお着付けさせていただきます。 お色直しに、如何でしょうか。

IMG_3856 (1).JPG     まるで、華やかなカクテルドレスのようです。
     アンティーク、柄が多いお着物、思い出のあるお着物も新作ドレスのようにお着せできます。
     ベースのウエディングドレスのラインを生かしますのでウエストの帯は細いめに、サッシュベルトのように
     バストラインもフィットさせてドレスのようなスタイルにお仕上げいたします。
     お振袖の豪華さとドレスの美しさがコラボレーションして想い出のお写真になりますね。
    
IMG_3871.JPG
     帯は通常の3分の1の幅にして一巻きします。バックをよりデコラティブに、帯締めもお使いします。IMG_3888.JPG



 もう少し前ですが、ラクビーワールドカップの組み合わせ抽選会が京都迎賓館で行われました。
その折りに出場する国の関係者の皆さまが下鴨神社にお越しになりました。
なぜなら、日本のラクビーの第一蹴は社殿前のこの馬場から始まったからなのです。
絵馬がラクビーボールです。 子供達が参加するタグラクビーが毎年秋に行われる予定です。
DSC07348.JPG

    DSC07349.JPG

2017.10.24【その他】

リラクマ登場
 どちらもカワイイブームです。
下鴨神社ではリラクマと記念撮影できます。
外国の観光客の人気スポットになりそうです。

DSC07341.JPG

2017.10.22【婚礼について】

雨ニモマケマセン
台風21号の影響で土日は大雨が降っています。
お二人で一つの傘の中、幸せがいっぱいふりこみますように。
角かくしがとてもお似合いの花嫁さまでした。
直会殿(伊勢神宮から移設)での写真撮影となりました。

DSC07369.JPG




2017.10.21【婚礼について】

婚礼当日の写真撮影
 下鴨神社では、婚礼の記念撮影は楼門の付近でされます。
久保田写真館さんの息の合った熟練したスタッフの皆さまの技術には
いつも感心いたしております。
ポーズずけも丁寧で女性スタッフが多くいらっしゃるのでいつも和やかです。
当日緊張ぎみの新郎新婦様も自然な表情の中に神社での厳かな雰囲気を
感じさせる瞬間を撮影されています。 笑顔でもシャッターを切るときは真剣そのものです。
永く下鴨神社専属ですので、季節、お天気、神社の行事での変更など何かが変わっても
すべてを熟知されているので皆さま、安心してお任せできますよ。


DSC07355.JPG




2017.10.18【その他】

下鴨神社 きのこの秋
 神社に自生してるキノコです。 しかし、食べてはいけないキノコでした。
 ドングリも沢山落ちて、糺の森には狸なども暮らしています。
 自然が豊かな環境ですね。
DSC07358.JPG
 テングタケは、別名をヒョウタケともハエトリタケとも言われ日本国内の幅広い地域に分布している毒キノコです。見た目の特徴は、初め半球形で傘が開き、成長すると傘が開き平らになります。傘の表面は褐色から灰褐色でつぼの名残がいぼ状に付着しています。ひだは白色で離生する。柄にはつばとつぼを持ち、 いずれも白色。つぼは時によると痕跡程度の事もあります。ヒョウの様な斑紋のあるという学名そのままに傘の上につぼの名残りを付着させています。 アカマツ林、トウヒ林、コナラ・クヌギ林などで夏から秋にかけてごく普通に見られます。これも毒きのこのひとつでその毒性はベニテングタケよりも強いといわれています。

ページトップ